贈与財産の一部に対して相続時精算課税を適用したら
父と母から、同じ年のうちに財産を贈与され、各々からの贈与に関して相続時清算課税を利用する場合において、贈与税額はいくらになりますか?なお、父からは3,500万円、母からは2,500万円が贈与されるものとします。

父から贈与された財産に係る贈与税額の計算は、次のようになります。
課税価格:3,500万円
特別控除額:2,500万円<課税価格3,500万円であることから、2,500万円
贈与税額:課税価格3,500万円-特別控除額2,500万円=1,000万円であることから、1,000万円×税額20%=200万円
 母から贈与された財産に係る贈与税額の計算は、次のようになります。
課税価格:2,500万円
特別控除額:2,500万円
贈与税額:課税価格2,500万円-特別控除額2,500万円=0円であることから、0円
 したがって、納付すべき贈与税額は、次の通りです。
父から贈与された財産に係る贈与税額200万円+母から贈与された財産に係る贈与税額0円=200万円

ちなみに、相続時清算課税適用財産に係る贈与税額は、上記のように、それぞれの贈与者に関して、贈与税の課税価格から特別控除額を差し引いた金額の算出をし、その金額に20%の税率を乗じることによって計算することができます。

課税価格は、その贈与者からその年に贈与された財産の価額を合算した額となります。

特別控除額は、2,500万円(過去にこの特別控除の適用により控除を行った金額が存在するときには、その金額の合計額の控除を行った残額)又は贈与者ごとの贈与税の課税価格のうち、いずれか少ない方の額です。
なお、このような特別控除額の控除を行うことができるのは、原則として、贈与税の申告書に、特別控除を受ける額、過去にこの特別控除を受けて控除を行った額が存在するときはその額といった必要事項を記して、当該申告書を期限内に提出した場合のみです。