贈与者が死んだ時の相続時精算課税申告書の添付書類
私は今年に入って財産の贈与を受けたのですが、その後、贈与者が死去しました。このような場合において、相続時清算課税制度の適用を受けるときには、相続時清算課税選択届出書を、贈与者の死去に係る相続税の納税地の所轄税務署長に対して、贈与税の申告書の提出期限又は贈与者の死去に係る相続税の申告書の提出期限のどちらか早い方の日までに、提出する必要があるとのことです。このようなときに、相続時清算課税選択届出書に添えなければならない書類は、何かあるでしょうか?

相続時清算課税選択届出書に添えなければならない書類は、次の通りであるといえます。
1.受贈者の戸籍の謄本又は抄本その他の書類であり、かつ、次に掲げる内容を証明する書類
(1)受贈者の氏名・生年月日
(2)受贈者が贈与者の推定相続人であること
2.受贈者の戸籍の附票の写しその他の書類であり、かつ、受贈者が20歳となったとき以後における住所又は居所を証明する書類(受贈者の2003年1月1日以後における住所又は居所を証明する書類でも結構です)
3.贈与者の住民票の写しその他の書類(贈与者の戸籍の附票の写し等)であり、かつ、次に掲げる内容を証明する書類
(1)贈与者の氏名・生年月日
(2)贈与者が65歳となったとき以後における住所又は居所(贈与者の2003年1月1日以後における住所又は居所を証明する書類でも結構です)

財産の贈与を受けた年の途中において贈与者が死去した場合において、相続時清算課税制度の適用を受けるときには、通常の場合と、相続時清算課税選択届出書の提出先及び提出期限が異なるといえます。
つまり、贈与者の死去に係る相続税の納税地の所轄税務署長に対して、相続時清算課税選択届出書を提出します。また、この届出書の提出期限は、贈与者の死去に係る相続税の申告書の提出期限、又は贈与税の申告書の提出期限のうち、いずれか早い方の日とされています。
 そして、贈与者の死去に係る相続税の申告書の提出期限が相続時清算課税選択届出書の提出期限にされるときにおいて、贈与者の死去に係る相続税の申告書を提出するのであれば、相続税の申告書にこの届出書を添える必要があります。また、相続税の申告書を提出する必要がなくても、相続時清算課税制度の適用を受けるには、提出期限内に贈与者の死去に係る相続税の納税地の所轄税務署長に対して、この届出書を提出しなければならないといえます。