課税遺産総額を算出する時の法定相続人の数
相続税の計算に際し、課税遺産総額の算出における法定相続人の数に関する留意点を教えてください。

課税される遺産の総額を算出するに当たり、法定相続人の数に関しては、相続の放棄を行った人が存在しても、その放棄がなかったものとみなします。法定相続人の中に養子がいるときは、被相続人に実子がいれば養子のうち一人まで、被相続人に実子がいなければ養子のうち二人までが、法定相続人とされます。

ちなみに、課税遺産総額は、次のように算出します。
相続、遺贈又は相続時清算課税の適用を受ける贈与により財産を取得した人ごとの課税価格(千円未満は切り捨てとなります)の合計額-基礎控除額(5,000万円+1,000万円×法定相続人の数)=課税遺産総額です。