納税額が無いときの贈与税の関係
納税額がないなら贈与税の申告は不要であるのかについて教えてください。

相続時清算課税制度を用いるときには、たとえ納税額がなくても、財産をもらった人が、もらった年の翌年の2月1日より3月15日までに、申告を行うことが必要であるといえます。
しかしながら、暦年課税を利用するときには、もらった財産の価額を合計した額が年間110万円を上回らないのであれば、贈与税はかからず、贈与税の申告も必要ないとされています。