居住用資産の買換えの取得価額の引継ぎについて
居住用財産の買換えの特例の適用を受けて居住用財産の買換をした場合において、譲渡した居住用財産(過去の居住用財産)の譲渡益に対する課税が繰り延べられて、この買い換えた居住用財産の譲渡を後々行ったときは、譲渡所得の算出時の取得価額は、その買い換えた居住用財産の実際の購入価額とはならず、譲渡した過去の居住用財産から引き継がれた取得価額になると聞きました。買い換えた居住用財産の購入額より居住用財産の売却額の方が高いときには、具体的にはこの取得価額はどのように引き継がれますか?

仮に、居住用財産の売却額6,500万円、譲渡費用100万円、売却した居住用財産の取得価額(土地及び減価償却後の建物価額の合計額)3,700万円、買い換えた居住用財産の購入額5,200万円(土地3,120万円、建物2,080万円)とします。すると、引き継ぐ取得価額は(3,700万円+100万円)×5,200万円/6,500万円=3,040万円となります。
 この場合、引き継ぐ取得価額の土地と建物への配分は、土地につき3,040万円×3,120万円/5,200万円=1,824万円、建物につき3,040万円×2,080万円/5,200万円=1,216万円となります。
 それゆえ、買い換えた居住用財産を後々売却したときの取得価額に関しては、土地が1,824万円、建物が1,216万円から売却のときまでの償却費相当額を控除した価額とされます。